5日前に投稿
5日前に投稿

(出典: smidgeonnn)

5日前に投稿
5日前に投稿

o-8:

Here are some of the Eliza concepts I did that show up in the game in one form or another. She’s fun to do concepts for ;w;/

A reminder to those in Los Angeles for Anime Expo! (I apologize, I might make another post soon, with a map!)

I will be in artist alley! Stop by if you can.

You can find me (o_8) at table D39.

Persona and Black will be at table D40.

Animoose will be at table D41 with Brokentrain

EU03 will be at D40.

Kinuko will be at table C66 with Tyson Hesse. 

We will also have a Skullgirls panel on Saturday July 5th.

Time: 6:15 PM

Location: LP3

See you there!

5日前に投稿
5日前に投稿
5日前に投稿
このアニメではとにかく主人公が誉められます。
バスの点呼を手伝っただけでイエスキリストに匹敵する畏敬を受け、
ブラインドタッチでキーボード入力すれば世界的ピアニストの生演奏のような感動を与えます。

そして画面を彩る女神のように美しい女性たち、特に母のように寛容な主人公の妹が、
常に主人公に寄り添い、主人公に賞賛と敬愛の念、そして誰よりも濃厚な愛情を送り続けます。
彼女の言葉を聞いているだけで視聴者は、幼い頃に初めて一人でトイレに行けた時、
手放しで喜び褒めちぎってくれた優しい母親の姿を思い出すことでしょう。
どんな些細なことでも『すごい!!』『すばらしい!!』『それは理解できない相手が悪いのです!!』と肯定してくれる妹の声は、
日常生活で『やり直しだ!!』『こんなことも分からないのか!!』『お前やる気あんのか!!』などと責められストレスを抱える
現代日本人にとって、心の支えとなるはずです。

また主人公に対立する愚かな敵も現れますが、ご安心下さい。
視聴者のストレスになるハラハラ感やドキドキ感、負けるかもしれないというような緊張感を可能な限り排除し、
主人公が勝利と栄光と周囲の尊敬を勝ち取った結果だけを、ひたすら連続して提供させていただきます。

魔法科高校、と題している通り、作中では主人公による魔法理論説明の独演会もございますが、
こちらは理解することで、電話帳を読んだ時と同じくらいの興奮を作品鑑賞に添えてくれます。
そして全編を通して流れるイージーリスニングも真っ青な、
聞くもののIQを脳味噌ごと吸い取り強制的にリラックスさせてくれるBGMと合わせることで、
親戚の法事でお坊さんが読み上げるお経のような心地よい催眠効果を演出します。
5日前に投稿

mimi-magic:

They’re so cute together~

5日前に投稿
5日前に投稿